折紙アートミュージアム設立の経緯と目的

 名  称 : 折紙アートミュージアム

英文名称 : Origami Art Museum

 

 

 折紙は紙を折りたたんで目的の形を作る文化として、人種や性別、年齢の違いを超えて、多くの国々で親しまれています。

 折りたいものの形の特徴をとらえて、単純な形で表現した多くの伝統作品が知られている一方で、1980年代になって繊細な形態的特徴を可能な限り忠実に表現した写実的な作品が多数創作されるようになりました。

 そして写実的な作品を設計するための理論的な研究も行われています。また、紙以外の素材を折って工学的に利用したり、折ることを通して幾何学的知識を習得させる、あるいは指先の機能障害回復のために利用するなど、様々な分野で折紙の持つ可能性が再認識されています。

 

 折紙アートミュージアムは、折り紙遊びや芸術的な折紙作品の紹介にとどまらず、折紙の持つ様々な可能性を包括的に紹介し、折紙文化の継承と発展に資することを目的として日本折紙学会が母体となって設立されました。

 

(文責:津田良夫)

 

 

折紙アートミュージアムの組織と運営

組織

  館長   三浦公亮

    

  運営委員 羽鳥公士郎、北條高史、川畑文昭、川崎敏和、小松英夫、前川 淳、松浦英子、三谷 純、

       西川誠司、 小野友彰、舘 知宏、高柳 浩、立石浩一、津田良夫、山口 真

 

  運営   折紙アートミュージアムの展示は、運営委員会によって企画案が検討され適切なキュレーター

       によって制作されます。

       運営委員は日本折紙学会の評議員と評議委員会によって推薦された日本折紙学会会員によって

       構成されています。

 

  問い合わせ先 

       折紙アートミュージアム運営委員会

 

 

 

   As an art where the specific shape is obtained by folding paper, origami has become popular throughout races, genders, and ages in many countries. While many traditional models that express their subjects’ distinguishing shapes in simple forms have been passed down, a lot of representational works that reproduce the subjects’ subtle shapes as accurate as possible have been created since 1980s. Theoretical researches to design such realistic models have also been developed. Moreover, potential of origami is getting recognized in various fields: folding materials other than paper in Engineering, teaching Geometry by folding paper, recovering functions of impaired fingers, and so on. Aiming at maintaining and developing the origami culture by not only presenting origami models folded in play or art but also introducing different possibilities of origami, Origami Art Museum was founded by Japan Origami Academic Society.

 

 

Tsuda Yoshio

 

 

Organization and Administration

 

Organization

    President: Koryo Miura

    Operating committee: Koshiro Hatori, Takashi Hojyo, Fumiaki Kawahata, Hideo Komatsu, Jun Maekawa, Eiko Matsuura, Jun Mitani, Seiji Nishikawa, Tomoaki Ono, Tomohiro Tachi, Hiroshi Takayanagi, Koichi Tateishi, Yoshio Tsuda, Makoto Yamaguchi

 

Administration

   The exhibitions of Origami Art Museum will be produced by appropriate curators under direction of the operating committee that consists of the members of the board of Japan Origami Academic Society and other members of JOAS who was nominated by the board of JOAS. 

 

Contact information

   Origami Art Museum operating committee